kuririn's

2015年4月19日

改竄

Filed under: 備忘録 — kuririn @ 12:31 AM

びっくり。原稿を依頼されて執筆したら、肝心の部分が削除されていた。静岡県立美術館友の会という任意団体がある。これは県立美術館の振興を支援する団体として美術館開館とともに設立されたもので、30周年を迎えようとしている。私は入会して足掛け8年になるが、30周年記念事業のボランティア募集があったので応募して会合に出席した。その折、「友の会だより」の会員紹介記事の執筆を、半ば強引に引き受けさせられた。そのこと自体は大したことではなく、会員になった経緯を300字という制限の中で推敲を重ねて書き上げてみた。字数制限の中、美に親しむものとして、私の歴史を紹介する上で作家の井伏鱒二の作品をそれとなく書き入れたのだが、そこが見事に削除されていた。著作権の侵害というようなこともなく、この部分が記述の勘所なのだが、削除されたら、文章全体が訳の分からないものになる。分かる人には分かるという文章に仕立て上げたのにぶち壊しになった。駄文でも手を入れて欲しくない、本人の気持ちを慮る配慮が欲しいものだ。以下全文。「七年前、新聞販売店広告紙の極小欄に「友の会会員募集」を発見しました。はて、父、祖父絡みの珍品堂主人との知遇で青山、白洲、北大路系の骨董和食器と料理にのめり込み、絵といえばシーレの手本の浮世絵系とルーツの琳派、岩佐、その先の鳥獣戯画位で、速水、梅原、横山、安田、藤田などでも、食指が動かなかった自分に、風景とロダンの県美なのかなと。同時に遥か昔、県立児童会館少年合唱隊に入り、県内や東京、ウィーン少年合唱団と、様々な交流に県費を使って頂いたことを思い、お礼を込めて入会手続きに足を運びました。以来内覧会で、自分再発見と関連グッズとの出会いを楽しんでおります。」
お分かり頂けたか?。これにて退会ということです。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

Powered by WordPress